MENU

肉割れの原因

何らかの原因で皮膚が強制的に引っ張られ、皮膚に線が出る症状のことを肉割れと呼びます。この肉割れができる原因は身近に潜んでいます。以下に当てはまる方は注意しましょう。

 

急激な体重増加

 

肉割れで一番多い原因は肥満が原因による肉割れです。急激な肥満により皮膚が引っ張られ、肌内部の真皮という部分に傷が付き、皮膚の表面に赤っぽい線が出てきます。この真皮は表皮よりターンオーバーが遅く、一度傷付くと中々治すことができません。

 

肉割れは脂肪の付きやすい、太ももやお腹、お尻に発症しやすいものです。最近体重が増えてしまった、という方は特にこの部分に注意して、セルフチェックを行いましょう。体重を減らすことも大切ですが、まず肉割れができないようにボディクリームで保湿を行うようにしましょう。

 

肉割れ消す専用クリーム「ノコア」
ノコアは、できてしまった肉割れ・妊娠線に有効な成分を配合した専用クリームになります。ビタミンC誘導体・EGF・FGF・シアバター・アボガドエキス・ベントナイトなど貴重な美肌成分から機能性オーガニック成分まで多数配合しています。お腹・お尻・太ももなどの肉割れを消したい方におすすめです。

 

 

成長期

 

成長期にできる肉割れはストレッチマークとも呼びます。成長期は代謝も活発なので、真皮の働きも活発です。肥満より肉割れが起こる確率は少ないですが、成長期に入った場合は注意が必要です。肥満と違い、成長期の肉割れは避けることができないので、日頃からのケアに気を付けましょう。

 

妊娠

 

妊娠により腹部が大きくなり、その膨張についていけなくなった肌内部の真皮が傷付くことで発生します。妊娠中に起こる肉割れはマタニティラインとも呼びます。肥満とは異なる原因ですが、妊娠中の肉割れは、腹部の下部分など自分で見えない部分で肉割れが進行している場合があります。

 

妊娠中の肉割れは成長期と同じく避けることができません。なるべく肌を清潔に保ち、肌の保湿と血行を保つように心がけ、肉割れを防ぎましょう。