MENU

肉割れの主な症状

肉割れは、脂肪の多い箇所に出来る線のことです。急激な肥満や成長、妊娠に追いつけなくなった皮膚が伸び、ひび割れることで発生します。今回は肉割れの症状について、詳しくご紹介します。

 

肉割れの見分け方

 

肉割れは、お尻や太もも、お腹や胸など、脂肪の多い部分に出来やすいものです。肉割れが発生する際は自覚症状がなく、気付かないうちにできてしまっているということもあります。

 

肉割れと間違えられやすいものがセルライトですが、セルライトは脂肪が原因となってできるものです。一方肉割れは、脂肪の膨張に肌が追いつけなくなり、肌が裂けてしまい、それが内部の傷となってできるものですので、セルライトとは原因や治療法が異なってきます。

 

セルライトはダイエットをすることで解消されますが、肉割れは皮膚の裂け目ですので、セルフケアでは軽減することはできても完全に消すことはできません。

 

人により異なる肉割れの症状

 

肉割れの見た目は出来た箇所や段階により異なります。横線が沢山出来てしまう場合もあれば、網目状に線が出来てしまう場合もあります。白い線がうっすらと入っているだけで目立たないものもあれば、赤紫色の線で目立ってしまうものもあります。

 

肥満でないのに線のようなものがある、赤紫色や白い線がずっと肌に残っている、という場合は肉割れと判断して良いでしょう。

 

肉割れと判断できない場合は、インターネットの画像検索で自分の症状と見比べてみると分かりやすいかと思います。肉割れを気にしている方は多く、検索するとすぐに出てきます。気になる方は一度調べてみると良いでしょう。