MENU

肉割れが発症しやすい部位

肉割れはその原因により発生しやすい部位が異なります。それぞれの部位と、発生原因についてご紹介します。

 

脂肪が付きやすい場所

 

肉割れの一番の原因は、急激な肥満により皮膚が引っ張られひび割れてしまうことです。なので、肉割れは肥満が付きやすい場所に出来やすいと言われています。例えば、お腹、お尻、太ももなどです。

 

お腹や太ももは簡単にセルフチェックができますが、お尻は中々見えにくい場所です。毎日のお風呂上がりに鏡で全身チェックをしてみましょう。

 

肉割れの最初の症状は赤っぽい線が薄く皮膚にできます。見付けたら保湿をするなど、早めに対処しましょう。また、肥満も放置しておくと様々な病気に繋がります。肥満解消のために、バランの良い食事や適度な運動を心がけましょう。身体を健康に保つことで肌も健康になり、肉割れが薄くなることもあります。

 

胸や太もも、ふくらはぎ

 

胸や太もも、ふくらはぎにできる肉割れは、肥満が原因のものと、成長期が原因のものがあります。急激な成長に皮膚がひっぱられ肉割れが出来てしまうのです。

 

成長期の肉割れは仕方ない場合が多いですが、なるべく予防するようにしましょう。毎日肌を清潔に保ち、適度な運動、バランスの良い食事、保湿をするようにしましょう。

 

手や足

 

手や足の肉割れは、筋肉が過剰に鍛えられ身体が大きくなるとできるものです。この肉割れは特に部活動を始め、身体を鍛え始めた思春期にできやすいものです。気にせずそのまま放置してしまう場合が多いですが、肉割れは一度できると完全に消すことができません。肉割れができないように、毎日身体をチェックするようにしましょう。