MENU

痩せ体型も肉割れには要注意

肉割れは急激な肥満や妊娠、成長が原因で発生する皮膚のひび割れです。

 

特に肥満によって起こる肉割れが一番多い理由ですが、太っていないのに肉割れが出来てしまったというケースもあります。痩せているのに肉割れが出来てしまった、という場合はどのような理由で肉割れが起きてしまうのでしょうか。

 

足への負担

 

痩せているのに肉割れが出来てしまった、という方は太ももや膝裏に肉割れが発症しやすいです。その原因は足への負担によるもので、スポーツや歩き方の癖により筋肉に急激な負担が掛かり、皮膚の下の表皮が傷付き肉割れができてしまうのです。

 

スポーツによる足への負担はかなり大きいものです。平地で歩いている時、足が地面に着いた時にかかる負担は体重の約三倍と言われています。ランニングの場合はそれが五倍にもなります。

 

また、歩き方の癖により足への負担が大きくなります。この負担が大きくなると皮膚の下の真皮が傷付き、肉割れが発症します。

 

足への負担を減らすためには、歩き方を見直し、安定した歩き方を癖付けることが大切です。また、スポーツを行う際は適度な休憩と事前の運動をしっかりと行い、足への負担を軽減するようにしましょう。

 

血流の悪さ

 

肉割れは血流が悪くなることでも発症します。これは特に大人になると発症しやすい原因となり、気付かないうちに肉割れが出来ている場合があります。

 

血流の悪さには様々な原因があげられます。偏った食生活、乱れた生活習慣、運動不足など様々です。血流を促進するためには入浴が一番有効な方法です。10分程度の入浴で身体の血流は良くなりますので、毎日お風呂に入る習慣を付けましょう。