MENU

肉割れを発症した際にやってはいけないこと

急激な肥満や成長、妊娠に追いつけなくなった皮膚の内部が傷付き、皮膚表面に線が出てしまうことを肉割れと呼びます。

 

肉割れは出来てしまう前に予防することが大切ですが、気付かないうちに発症している場合が殆どです。肉割れが出来てしまった場合、セルフケアで消すことはできません。

 

今回は、症状の進行を抑えるために、肉割れができたら絶対にやってはいけないことをご紹介します。肉割れが出来てしまった方は以下の点に要注意です。

 

肉割れの線を刺激しない

 

肉割れができると、その部分にかゆみが生じます。肉割れは肌が乾燥することで進行してしまいます。肌が乾燥するとかゆみが生じますが、肉割れの線は絶対にかいてはいけません。

 

かくことで肉割れの線がくっきりと現れてしまい、余計に目立ってしまいます。肉割れ線は深刻な状態になると、傷跡のように肌の表面に線がはっきりとできてしまうので、かゆみを感じてもかかないようにしましょう。

 

肉割れ線のかゆみに悩んでいる方は、市販のピーリングやスクラブで無駄な角質を落とし、保湿をすることでかゆみを防ぐことができます。

 

また、肉割れの線だけでなく、かいた際に周りの皮膚を傷付けてしまい、肉割れ線の周辺に傷跡ができてしまう場合があります。肉割れができてしまったら、かゆみに注意しましょう。

 

肉割れの線を放置する

 

肉割れの線を放置することで、線が段々と目立ってきてしまいます。肉割れの線を見付けたら、すぐに対策をしましょう。肉割れを放置してしまうと、最終的に線の部分のみ光沢が出来てしまい、テカテカとした肌になってしまいます。