MENU

肉割れは完全に消すことができるのか

肉割れは肥満や成長、妊娠により膨張した身体に皮膚が引っ張られ、ひび割れてしまう症状です。この肉割れは、限りなく薄くすることはできますが、現在の医学では完全に消すことができないと言われています。何故、肉割れは完全に消すことが出来ないのでしょうか。

 

肉割れにより傷付くのは表面の皮膚ではない

 

皮膚が引っ張られ、傷付く部分が皮膚の表面だけでしたらある程度の期間を置けば完治します。しかし、肉割れの原因は表面の皮ではなく、その下にある真皮という部分が傷付くことにより発症するのです。

 

真皮が傷付き、裂けた部分を補うようにコラーゲンなどを急激に増やします。そうすると皮膚の表面に赤い線の様ができます。これが肉割れなのです。

 

真皮と表面の皮膚の違い

 

表面の皮膚は新陳代謝により、すぐに新しい肌へと生まれ変わることができます。しかし、その下にある真皮は新陳代謝が遅く、一度傷付くと中々治りません。また、新陳代謝は加齢とともに衰えてくるので、ある程度の歳で肉割れが出来ると治療自体に時間がかかります。肉割れに限らず、真皮まで達した傷も同じように跡が残ってしまいます。

 

肉割れを薄くするには

 

まず、一番大切なことが普段からの保湿です。肉割れは全身にできますので、毎日鏡でチェックし、保湿クリームで肉割れ部分を保護しましょう。乾燥すると肉割れが悪化してしまいます。

 

また、肉割れ部分は厚い角質に覆われている場合があります。この角質を優しく落とし、その後に保湿を行うと効果的に肉割れを薄くすることができます。

 

しかし、セルフケアの肉割れは長い期間を要します。短期間で肉割れを治したい方は、費用がかかりますが美容外科で専門の治療を受けましょう。