MENU

肉割れの解消方法〜食事編〜

肥満や成長、妊娠などで皮膚が伸び亀裂が入ってしまう肉割れですが、食事を見直すことで少しずつ薄くすることができます。今回は食事面で肉割れを解消する方法をご紹介します。

 

新陳代謝を良くする

 

肉割れは肌の下にある真皮という部分に傷が付きできてしまうものです。肌の表面の傷でしたらある程度の期間で治りますが、真皮はターンオーバーが遅いため、中々治りにくい部位です。

 

そこで、身体全体の新陳代謝を良くすることで肌の修復を促すようにすれば、真皮のターンオーバーを進めることもできます。そのためには、バランの良い食事を摂ることが大切です。

 

バランスの良い食事とは?

 

肉割れにはバランスの良い食事を毎日摂ることが大切です。食生活の欧米化や24時間社会化に伴い、日本人の食生活は乱れがちです。簡単な食事で済ましてしまったり、外食で味の濃いものばかりを食べたりなど、気付かないうちに食生活が偏っているという方も少なくありません。

 

バランスの良い食生活とは、野菜中心の食事で、炭水化物、脂質、糖質などを摂り過ぎないものです。イメージしにくい方は定食の配膳をイメージすると良いでしょう。また、間食などはなるべく控えるようにしましょう。間食で摂る塩分や糖分は普段の食事で十分に補えます。

 

肉割れに効く食材

 

バランの良い食事の中で積極的に取り入れていきたいものが、ビタミンやミネラルが含まれる野菜と果物です。一日の摂取カロリーをオーバーしないように、これらの食材を上手く取り入れていきましょう。

 

また、コラーゲンの元になる食材や、コラーゲンの生成を助けるビタミンCも積極的に摂取しましょう。コラーゲンを増やすことで肌の保湿ができ、肉割れの進行を抑えることができます。